ゆずちゃんは低空飛行 smalldog.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あれから



もう5年ほど前になると思いますが「ヒアーアフター」という映画を見ました。
クリンスト・イーストウッド監督が作る世界は、いつも心を打たれるものばかりですが
今までとは一風変わったこの作品は、妙に私の心にのこるものでした。

映画はフランス人ジャーナリストの女性が旅先で災害にあい、臨死体験をしたことから始まります。
彼女は恋人に訪ねます。
「死んだらどうなるの…」
「それで終わり、電気を消すようにパチンで終わりさ!」
今までは自分もそう思っていたはずだった答えに、彼女はかすかな違和感を覚えていくのです。

人は死んだらどうなるのでしょう・・・
そして犬は・・・

マイルが逝った後、動物病院からカードをいただきました。
そこには、こんなお話が書いてありました。

天国の手前には、虹の橋と呼ばれているところがあり、
かわいがられていたペットたちは、死んだあとはそこへ行く。
走れ回れる草原、食べ物、水もたっぷりあって、
お日様もふりそそぐ暖かいその場所で、年老いていたり、病気だった体は元の体にもどり
彼らは幸せで満ち足りた生活を送れる。
ただ一つ足りないのは、残してきた飼い主がいない寂しさだ。

ある日、その中の一匹が立ち止まり走り始める。
彼は、飼い主を見つけたのだ。
そして二人は一緒に虹の橋を渡っていく・・・

関節炎の悪化で、大好きなお散歩を控えていた後、今度は癌がみつかり、
腫瘍が大きくなるにつれて、マイルの歩ける距離は短くなっていきました。
重たそうに足を引きずっていた後ろ姿を思い出して、今も涙がでます。

今頃マイルは虹の橋で、思う存分走り回っていることでしょう。
半年前に旅立った仲良しのラブラドールと一緒に、拾い食いしてるかな・・・
私に怒られることもないし、落ちている食べ物もきっと特別美味しくて
「ほら、ここにも落ちてるよ!」
なんて二匹で笑いながら歩いている様子を想像すると思わずこちらも笑い顔になります。
仔犬の頃、こっちの世界でしていたように
天国から父がやってきて、毎朝散歩に連れ出しているのかもしれません。
父も健康な体をとりもどして、
二人でたっぷり長い散歩を楽しむ毎日を送っていると思うと心が休まります。


マイルが逝って一か月がたちました。
彼がいた場所には、花を絶やさないようにしています。




c0353640_12201995.jpg


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bigfundog | 2016-02-05 12:30 | マイルの闘病記 | Comments(0)

飛んだ!




やっぱり、あいつは飛べるんだ!
ゆずちゃんがジャンプすると、一瞬止まって見えるときがあります。





c0353640_11070435.jpg



日陰に積もった庭の雪が解けないまま、
また次の雪が降りました。







にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bigfundog | 2016-02-03 11:18 | ゆずの毎日 | Comments(0)