ゆずちゃんは低空飛行 smalldog.exblog.jp

ジャックラッセルのゆずちゃん、そしてお花の写真


by bigfundog
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

富士山よ



私の住んでいる北関東からは、富士山は見えない。
いや、まったく見えないのならあきらめもつくのだが、
母の住む、市内から少し離れたマンションでは、冬の晴れた日限定で、小指の爪の、さらに半分ほどの富士山がみえるときがある。


やっと開通した圏央道を通って箱根へとむかった。
途中、富士山が見え始めると、
ほら、左に見えたよ! 今度は右! という具合に、富士山の見えない県に住む私たちは大騒ぎだ。
春の富士山は霞がかかったようでくっきりとその姿をみせてはいないけれど、頭に白い雪をほどよくかぶってなんと美しいことだろう。
普段は、ボテッとした形に、ガリっと引っ掻いたような傷のある、名前のとおり男らしい男体山に見守られて暮らしている私と違って、
この景色を毎日みている人達は、つくづく幸せだなあと思うのだった。



c0353640_09215572.jpg


c0353640_09214686.jpg



富士山よ!
お前に頭をさげない女がここにひとりたっている




c0353640_09215266.jpg



林芙美子が読んだ詩だ。
あの富士山を
赤い雪でも降らなければいい山だとはいえない、
北斎の描いた若々しい姿はもうなく老いた土饅頭だとまで彼女は言っている。
挑戦するような大胆な表現に、最初はびっくりしてしまった私だが、
あんな山なんかに負けてなるものかという強い心に、林芙美子かっこいい!と思ってしまった。




c0353640_09215790.jpg




c0353640_09214954.jpg


その昔旅人が通った道を思わせる森、ピンクのつつじにもみじの若葉、湖畔を歩く散策路。
箱根恩賜公園は芦ノ湖につきだしたようにある。
展望台からみた湖の向こう側には、あの富士山が見えていた。





にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bigfundog | 2016-05-15 10:26 | 富士・箱根 | Comments(0)