ゆずちゃんは低空飛行 smalldog.exblog.jp

犬の目的


「野良犬トビーの愛すべき転生」という本を少し前に読みました。
その原題が「犬の目的」・・・

ある日犬は、野良犬として覚醒する。
人間を恐れ、食べ物をあさる生活をしていた犬は、捕まって施設につれていかれる。
そこでやさしい人間と巡り合い、トビーと名前をつけられるが、最後は殺処分されることになってしまう。

次に目覚めると、犬はゴールデンリトリーバーの仔犬として生まれ変わっていた。
彼は初めて家族の一員として迎えられ、ベイリーという名前をもらう。
この家の息子イーサンは、彼にとって特別な存在になっていった。
ベイリーは人間の感情を理解することができる。
優しい気持ち、恐れ、淡い恋心・・・
なぜそういう気持ちを人間が持つのかは理解できないけれど、
言葉にならない人間の心の声を感じ取ることができる。

そしてイーサンとの幸せな生活も終わるときがやってきた。
犬は人間よりもはやく年をとるのだから・・・

イーサンと出会ったことで、犬の目的は果たされたようであった。
しかし、犬はエリーという雌犬に、また生まれ変わる。

エリーは警察犬になるべく調教され、その才能を思う存分発揮して人を救う。

次に生まれ変わったのはバディ。
バディの生まれた環境は劣悪なものだった。
ふたたび野良犬となってしまった犬は、生まれ変わった何回かの人生で身につけた、
すべての知識を使って、イーサンのもとへと戻っていくのだ。
バディは、ベイリーだったころの姿かたちとは全く違ってしまっている。
イーサンに、バディがベイリーの生まれかわりであることは、わかるはずもない。
しかし、どこかで間違ってしまったイーサンの人生の晩年が、
幸せに暮らせるように、旅立つその日が穏やかであるように、お手伝いをするのだった。
それが、彼の生まれた意味。
犬はやっと目的を果たしたのだった。


マイルもいつか、違う犬に生まれて戻ってきてくれるかな・・・
それを思うと、やがてくる別れも耐えられるような気持ちになります。





c0353640_15571916.jpg







にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bigfundog | 2015-10-04 08:58 | マイルの闘病記